お知らせ一覧 > 体操に自信あり! かっこいいワザを身に着けたい!ぐんぐん伸びる「アクロバットコース」

体操に自信あり! かっこいいワザを身に着けたい!ぐんぐん伸びる「アクロバットコース」

ディナモ氷上体操クラブは、体操がちょっと苦手というお子さんや、

全く初めての初心者でも、楽しく遊んでいるうちにいつの間にか体操が得意になっちゃう

優しいプログラムも特徴の一つです。


そしてもちろん、初心者向けのプログラムでは物足りない!

小さい頃から体操をやってきて、どんどん新しい技を身に着けたい!

という子どもたちに向けてのハイレベルな練習も行っています。


それがアクロバットコース。現在土曜日の17時~18時の枠で開講しています。

アクロバットコースの練習動画はこちら!


こんなかっこいい技がすぐに身についちゃうのも、子どもならでは、若さならではですね!


タントラ、ロンバクとは? 体操用語解説!


ところで、この投稿に書いてある「タントラ」「ロンバク」って何のことかご存知ですか?


まずは「タントラ」から解説!

タントラは、タンブリングトランポリン、の略です。


普通のトランポリンは高いジャンプができるように、乗ると大きく沈み込みますが、

タントラは、硬めのトランポリンなので助走が可能です。

助走向きの細長いトランポリンなのも特徴。

なので上の動画みたいな技を行うのに向いています。


最近お家でトランポリンを購入される方も増えていますが、

タントラがあるのは体操教室ならではです。


次に、「ロンバク」って?

ロンバクはズバリ「ロンダートバク転」のこと。

今回は最後にバク宙をしているので、「ロンバク宙」と書いてますね!

「バク宙」は、「バック宙返り」の略で、正式には「後方宙返り」と言います。

後ろに飛び上がりながら、空中回転し、手をつかずに着地するかっこいい技です♪

そしてロンダートは、

体操競技の主に床や平均台で使われる技のひとつをさし、

正式には「側方倒立回転とび1/4ひねり後向き」と言います。

側転に1/4のひねりを入れるので、着地が進行方向に対して後ろ向きになります。

なので、連続技としてバク転やバク宙につなぎやすくなるのです。


ロンバクというのは、ロンダートからの~バク転(バク宙)のことになります。

ロンダート自体もかっこいい技ですが、バク転、バク宙につなげる助走としても最適です。


ロンバクみたいなかっこいい技が出来るようになるには?

こういうアクロバットな技に挑戦している子達の多くが、

2~3歳から体操を始めています。

そのころだと、体操への苦手意識が芽生える前に、体操の楽しさを感じることができます。

最初は楽しく遊んでいるうちに、体を思い通りに動かす楽しさを感じられるようになるので、

ゆくゆくは我が子に楽しく自由に体を動かしてほしい、いろんな技ができたらいいかも?

そうお考えの方には、早めのご入会をおすすめしています。

お子さんの才能の芽を一緒に伸ばしていきましょう!



お問い合わせはこちらLINEはこちらお電話はこちら
TEL:0795-80-2731